トップへ » インプラント治療が適用できない場合はありますか?

インプラント治療が適用できない場合はありますか?

・あごの骨の成長が終わっていない、概ね20才以下の方
・歯磨きなどの日常の手入れが充分にできない方
・アルコール依存症の方
・CT撮影を行っていない方
・チタンアレルギーの方

以上の方でも症状によりインプラント治療が可能の場合がございますので、一度ご相談ください。


トップへ » インプラント治療が適用できない場合はありますか?


文字サイズ
を変更する