2009年4月21日 « トップへ » 2009年12月16日

2009年4月22日

私たちの5つのお約束

私たちの5つのお約束

当院ではインプラント治療に当たって、5つのことをお約束しています。

<当院のインプラント治療の強み>
●1. <歯科用CTで確実な治療を>
治療前にCTスキャンを使います。 ※CTは他院で撮っていただきます。
>>歯科用CTで確実な治療を~骨の中身を事前にチェック

●2. <ガイドを使って正確な埋入>
手術の安全性は高まり、結果的に処理時間の短縮も。
>>ガイドを使って正確な埋入~ノーベルガイドの導入

●3. <歯を抜いたその日にインプラントを埋入できる>
抜歯即時インプラントで治療期間を短縮したい。
>>歯を抜いた後少しでも早くかみたい方へ

●4. <総合歯科として、虫歯治療や歯周病治療も行います>
インプラントだけではなく、入れ歯やブリッジも提案できます。
>>もし虫歯・歯周病があったとしても~総合歯科の強み

●5. <最高の信頼性を誇るインプラント体>
ブローネマルク(ノーベル・バイオケア社)を使ったインプラント。
>>当院のインプラントメーカーについて

歯科用CTで確実な治療を~骨の中身を事前にチェック

これまでの治療では、歯科医が持つ経験、勘を頼りにインプラントを入れていました。
これでは、経験豊富な医師と、浅い医師との技術が大きく反映されています。
実際、過去にもインプラントを入れる際の深さを誤り、大きな事故に繋がってしまったケースもありました。

こういった事態を避けるために、当院のインプラント治療では、治療前にCTスキャンを使います。手術の前にあらかじめCT撮影を行うことで、より精度の高いインプラント治療が可能になったのです。

ご存知の通り、CTの優れたところは、コンピュータ上で骨を再現できるところ。
これにより、レントゲンでは分からなかった、骨の奥行き、骨の幅、厚みを正確に知ることできるようになりました。
今では、インプラントの治療に欠かせない検査の1つになっています。

【歯科用CTの導入メリット】
・インプラントを入れる位置、方向のシミュレーションが可能
・難易度の高い場合でも手術できる
・事前の確認が可能なため、メスで開くことが少ない⇒患者さまの負担軽減
・治療時間の大幅な短縮

ガイドを使って正確な埋入~ノーベルガイドの導入

ノーベルガイドの導入どんな優秀な歯医者さんでも、手術中はフリーハンドです。一瞬の迷い、ミスが思わぬトラブルに発展することもあるのです。

当院では、最先端インプラント術前シミュレーションソフト(ノーベルガイド)を導入しています。

CTを使った骨の分析結果にしたがい、インプラント手術を専用ソフトでシミュレーション。それに基づくデータを技工所に伝えると、患者さまのアゴにフィットする穴の空いた模型(ガイド)が送り返されてきます。

実際の手術では、この模型を患者さまに装着。穴に従いインプラントを通すだけで、安全な位置にインプラントを埋入できるというわけです。

手術の現場では、術前に想像していた状態とはアゴの幅や厚みが異なる場合があります。

そのため過去にはインプラントの手術時間が長くなったり、さらに別の処置が増えたり、さらには治療計画そのものを変更せざるを得ない場合もあったのです。その結果、患者さまに一層の負担をかけることにつながっていました。

しかし、ノーベルガイドシステムを使用すれば、手術の安全性は高まり、結果的に処理時間の短縮にも繋がりました。

歯を抜いた後少しでも早くかみたい方へ

歯を抜いた後少しでも早くかみたい方へ従来のインプラント治療は、治療に時間がかかっていました。抜歯をしてから半年間、骨の回復を待ってから手術を行っていたからです。

これに対し、抜歯即時インプラントは、歯を抜いたその日に、インプラントを埋入します。その日に入れることで、圧倒的に治療期間を短縮できるというわけです。

※ただし、抜歯即時インプラントは骨の状態が良い人にのみ行えます。条件が悪い人には行えません。

もし虫歯・歯周病があったとしても~総合歯科の強み

もし虫歯・歯周病があったとしても~総合歯科の強み世の中には、インプラントだけを専門に扱っている歯医者さんもあります。
逆に言うと、インプラント以外の治療はヨソでやってくれ、という意味でもあります。

たとえば、インプラント手術の前に虫歯があったら?歯周病になっていたら?
「うちは専門店だから」といって、つき返してしまうのが、よい治療でしょうか。

当院では、総合歯科として、虫歯治療や歯周病治療も行っています。つまり、もしインプラント前に虫歯や歯周病が見つかっても、当院で簡単に治療できてしまうのです。

また、お口のなかを正常な状態にしてインプラントを埋入することは、手術の成功率アップにも繋がります。一度、口の中を健康な状態に戻すことで、インプラントを入れた後のトラブルも減らせます。

同時に、患者さまによっては、すぐに高いお金を払ってまでインプラントを入れなくても、よりリーズナブルな入れ歯なども提案することもできます。

私たちは患者さまにとって入れ歯や義歯がベストな治療法なら、インプラントはお勧めしません。インプラントは、あくまでひとつの手段なのですから。

当院のインプラントメーカーについて

当院のインプラントメーカーについて現在、各メーカーから販売されているインプラントは100種類以上。
その中でも、当院では患者さまのアゴの状態・ご希望にあわせて、3つのインプラント体をご用意しています。

<当院で使用するインプラントメーカー>
・ブローネマルク(ノーベル・バイオケア社)
・3i(スリーアイ社)
・ジンマー

インプラント治療は、よいインプラント体を選ぶことも重要です。
ここで少し、代表的なインプラント体である「ブローネマルク(ノーベル・バイオケア社)」をご紹介いたしましょう。

【ブローネマルク(ノーベル・バイオケア社)の特徴】
このインプラントは世界で最初のインプラントです。そのため、もっとも長い臨床実績があり、最高の信頼性を誇るインプラントと言われています。

また、世界のインプラントシェアではトップ。世界50カ国以上、1000万人以上の患者さまに使われています。世界で一番使われているインプラント体というわけです。

このため、海外に出張に行かれる方などもよく愛用されています(メンテナンスが世界中で受けられるため)。


2009年4月21日 « トップへ » 2009年12月16日


文字サイズ
を変更する