2009年4月13日 « トップへ » 2009年4月15日

2009年4月14日

よくある質問

よくある質問

治療期間はどのくらいかかるのでしょうか?
手術の際に入院が必要ですか?
インプラントはどのくらいもちますか?
インプラント治療に年齢制限はありますか?
インプラント治療が適用できない場合はありますか?
インプラントの手術時間、痛みと腫れはどうですか?

治療期間はどのくらいかかるのでしょうか?

インプラントを埋入した部位や個人によって差がありますが、4ヶ月から7ヶ月程度の治療期間が必要となります。

手術の際に入院が必要ですか?

基本的には入院の必要はありません。手術当日にお帰りいただけます。

ただし、特殊な症例の場合や、全身疾患を有する患者さまの場合には入院して手術を行なうこともあります。

インプラントはどのくらいもちますか?

患者さまのお口の中の衛生管理に大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いとインプラントの寿命が短くなる場合もあります。

インプラントの歴史は1950年から始まり、実用化されたのは1965年からです。
実例として、1965年にインプラントを行った患者が亡くなるまでの41年間問題なく機能しておりました。

つまり40年間耐えられる実績は証明されております。
常に衛生状態を良好に保ち、担当医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。インプラントの10年生存率は95~97%前後です。

インプラント治療に年齢制限はありますか?

年齢的にあごの骨が完成する20歳前後から、健康な方であれば基本的に誰でも治療を受ける事ができます。
年齢の上限はございません。80代の方でもインプラント治療は可能です。

インプラント治療が適用できない場合はありますか?

・あごの骨の成長が終わっていない、概ね20才以下の方
・歯磨きなどの日常の手入れが充分にできない方
・アルコール依存症の方
・CT撮影を行っていない方
・チタンアレルギーの方

以上の方でも症状によりインプラント治療が可能の場合がございますので、一度ご相談ください。

インプラントの手術時間、痛みと腫れはどうですか?

1本埋入で30分、3本以上で1時間~1時間半くらいです。
痛み、腫れは簡単な症例ではほとんどないようです。広範囲であったり時間がかかる症例は痛みと腫れのある場合が多いようですが、処方する鎮痛剤で十分しのげます。

腫れも1,2日で消退します。


2009年4月13日 « トップへ » 2009年4月15日


文字サイズ
を変更する