トップへ » 当院のインプラント » 歯科用CTで確実な治療を~骨の中身を事前にチェック

歯科用CTで確実な治療を~骨の中身を事前にチェック

これまでの治療では、歯科医が持つ経験、勘を頼りにインプラントを入れていました。
これでは、経験豊富な医師と、浅い医師との技術が大きく反映されています。
実際、過去にもインプラントを入れる際の深さを誤り、大きな事故に繋がってしまったケースもありました。

こういった事態を避けるために、当院のインプラント治療では、治療前にCTスキャンを使います。手術の前にあらかじめCT撮影を行うことで、より精度の高いインプラント治療が可能になったのです。

ご存知の通り、CTの優れたところは、コンピュータ上で骨を再現できるところ。
これにより、レントゲンでは分からなかった、骨の奥行き、骨の幅、厚みを正確に知ることできるようになりました。
今では、インプラントの治療に欠かせない検査の1つになっています。

【歯科用CTの導入メリット】
・インプラントを入れる位置、方向のシミュレーションが可能
・難易度の高い場合でも手術できる
・事前の確認が可能なため、メスで開くことが少ない⇒患者さまの負担軽減
・治療時間の大幅な短縮


トップへ » 当院のインプラント » 歯科用CTで確実な治療を~骨の中身を事前にチェック


文字サイズ
を変更する