トップへ » 当院のインプラント » 審美歯科(セレック) » メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

金属でできた歯の外部を、セラミックで覆ったかぶせものです。
金属部分が見えないため、見た目もきれいで、変色もせず、多くの患者さまがよく選択される治療法です。また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです(オールセラミックはすべて"セトモノ"でできているため、メタルボンドに比べると割れやすい)。

また、セラミックは細菌が付着しにくい材質であるため、本来の歯よりも汚れが付着しにくいという特徴もあります。

<メタルボンドの特徴>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
歯茎や歯が黒ずんで見えることがある
オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない


トップへ » 当院のインプラント » 審美歯科(セレック) » メタルボンドクラウン


文字サイズ
を変更する