トップへ » 当院のインプラント » インプラント治療とは

インプラントとは?

インプラントとは?

抜いた、または、抜けてしまった歯を元の状態に戻すには、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療方法があります。

なかでも、私たちがお勧めするのは「インプラント」治療です。
インプラントはあごの骨にチタン製の人工の歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を装着する治療方法です。隣の歯を削らないので、ほかの歯に負担がかかりません。見た目の美しさ、機能的にも優れた最新の治療法です。

インプラントの最大のメリットは、"天然歯に近い噛み心地"。

従来、入れ歯では食べづらかったおせんべいなども、バリバリと食べることができます。カケラを詰まらせる心配もないので、嫌な痛みもありません。

部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要がないのも、大きなメリットでしょう。

インプラントは、普段と同じように歯を磨いておけば、口臭に悩まされることもありません。見た目も天然の歯と同じです。ですから、大きな口をあけて大声で笑うこともできます。

歯ぐきにチタンを埋め込む外科手術が必要

歯ぐきにチタンを埋め込む外科手術が必要「噛む力が強く、自分の歯と同じ感覚がある」
インプラントは、多くのメリットを備えた理想的な治療法といえます。
とはいえ、インプラントにはいくつかのデメリットも存在します。

まず、インプラントを埋め込むためには、外科手術が必要です。そのため、手術を含めると、比較的、高額な治療費が必要となってきます。

また、誰でも治療できるというわけではありません。糖尿病などの全身疾患がある方は、インプラント手術ができない場合もあります。

――歯が抜けてしまったときの、治療方法はひとつではありません。
それぞれのメリット・デメリットを比較し、自分自身の歯の状態を調べた上で、最適な治療方法を選んでいただきたいと思います。

ひとつでも当てはまったらインプラントを検討してください

ひとつでも当てはまったらインプラントを検討してください□入れ歯で苦労されている方
「入れ歯をインプラントに変えて本当によかった」と、たくさんの方から感謝の声をいただいております。入れ歯で悩んでいる方、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

□現在、ブリッジを使っている方
ブリッジの10年後の生存率は50%といわれています。つまり、10人ブリッジをつけているとしたら、10年後、5人のブリッジは使えなくなってしまうということです。

また、土台にした自分の歯の30%が、15年で失われてしまうというデータもあります。10年後、20年後も、自分の歯でかみたい方には、ブリッジからインプラントに変える価値は十分あるといえるでしょう。

□虫歯や歯周病で歯を失ったが、まだ人工歯を入れていない方
いつまでも大切な歯をまもるために、ブリッジや入れ歯を入れる前にご相談ください。
ブリッジにするために削られてしまった歯は、もう元に戻りません。

関連ページリンク

当院のインプラントインプラント治療とは入れ歯とインプラントの違い
治療の流れと期間よくある質問患者さまの声
審美歯科(セレック)医療費控除について

インプラント無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当院のインプラント » インプラント治療とは


文字サイズ
を変更する